非典型的肝癌の造影超音波診断:EOB MRIとの併用

category:要旨
2013.04.25

非典型的肝癌の造影超音波診断:EOB MRIとの併用
横浜市立大学附属市民総合医療センター消化器病センター
沼田和司ほか
 
  造影CTで非多血性の病変において、造影超音波動脈優位相でisovascularもしくはhypervascularであれば全例HCCであった。EOB MRI肝細胞相でlow signalの場合HCCである正診率は96%であり、そのような病変に造影超音波でvascularityの評価をすれば効率よくHCCを拾い上げることが可能である。

RadFan2013年5月号目次に戻る

会員ログイン
webiner medicalex radiology bayer Satellite View Key Journal ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼
このページの先頭へ戻る