ELEKTA社製患者情報システム「MOSAIQ」を用いた治療RISを使用してみて -各社リニアックのrecord & verifyシステムの統合-

category:要旨
2011.04.25

熊本大学医学部附属病院放射線治療科
坂本隆吏

要旨

当院では医療情報システムが更新され、電子カルテへ移行するのに伴い、複数社製のリニアックでの治療患者様の線量管理を一元化することを目的に、治療RISとrecord and verifyシステムの機能を併せ持つELEKTA MOSAIQを導入した。今回は使用経験、特にワークフローと現在の問題点について述べる。

このページの先頭へ戻る