アルツハイマー病のMRI診断

category:要旨
2011.04.25

埼玉医科大学国際医療センター核医学科
松田博史

要旨

アルツハイマー病の早期診断や鑑別診断、および経過観察にMRIは必須の検査法となっている。形態診断のみならず、機能診断の可能性も広がりつつある。さらに、コンピュータによる統計学的解析手法の普及により、診断精度も向上している。

このページの先頭へ戻る