消化管CTの3D画像診断

category:要旨
2011.04.25

*1岡山画像診断センター、*2岡山大学放射線科
笹井信也*1、井田健太郎*1、加地充昌*1、金澤 右*2

要旨

3D画像が一般的になった現在、より効率的かつ効果的な3D画像診断が必要である。さまざまな手法の特徴を知ることで、目的にあわせた使い分けができるようになる。MPR、CPR法は最も容易かつ効果的診断方法であるので、ぜひ日常的に活用してほしい。また、さまざまな3D画像の特徴を知って、使い分けをしたり組み合わせることで、さらに強力な画像診断法になる。

このページの先頭へ戻る