動注CTの今日的意義

category:要旨
2011.04.25

信州大学医学部画像医学講座
藤田幸恵、上田和彦、角谷眞澄

要旨

動注CTの今日的意義は病変の描出能と質的診断能の質の高さにある。それにより我々は古典的肝癌の確実な描出、AP shuntと肝癌との鑑別、発癌に要する期間の予知を高精度に行える。きめ細かい適応を症例に応じて適切に判断することが今日の臨床家に求められる。

このページの先頭へ戻る