画像連携を効率的に運用するためのヒント!

category:要旨
2013.02.28

画像連携を効率的に運用するためのヒント!
熊本大学医学部附属病院医療技術部
池田龍二
 
 フィルムレス化が進み、可搬媒体を用いた画像連携の運用が一般的となってきている。しかし、まだ一部で上手く活用できていないのが現状である。そこで、運用における問題点を洗い出し、画像連携がスムーズに行くためのポイントを解説する。

RadFan2013年3月号目次に戻る

会員ログイン
webiner medicalex radiology bayer Satellite View Key Journal ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼
このページの先頭へ戻る