当施設におけるSYNAPSEビューワの読影環境と使い方に関する工夫について

category:要旨
Share (facebook)

当施設におけるSYNAPSEビューワの読影環境と使い方に関する工夫について
岡山画像診断センター副院長
清 哲朗
 
 近年、ビューワアプリケーションは読影医の嗜好や診断対象による多様性を吸収するカスタマイズ性が高められる傾向にある。画像ビューワを使いこなす上で、読影室、周辺装置やソフト面でのチューニングによる工夫の余地は大きい。放射線科医は、周辺環境の特性や固有の機能を理解し、個々の診療内容に見合った最適化を行うように努めなければならない。

RadFan2013年3月号目次に戻る

Share (facebook)
このページの先頭へ戻る