AZE VirtualPlace導入による使用経験

category:要旨
2013.01.31

AZE VirtualPlace導入による使用経験
慶應義塾大学病院中央放射線技術室PET/SPECT部門*1
同室 予防医療センター部門*2

三浦茂樹*1、 新島友輝*2
 
 当院では、2012年8月に新棟開設及び部門移設に伴い、AZE VirtualPlaceを導入した。導入時にシンクライアント方式によるネットワークを構築し、効率的なデータ運用を実現した。また画像解析では、PET/CT・SPECT/CTで多用するフュージョンEXや、健診医療に活用できる様々な解析など、VirtualPlaceは数多くのアプリケーションを装備している。本稿では、このVirtualPlaceによるシステムの概要、画像解析機能の特長について、使用経験を述べていく。

RadFan2013年2月号目次に戻る

このページの先頭へ戻る