ある遠隔読影医の一週間

category:要旨
2012.12.28

ある遠隔読影医の一週間
メディカル・インフォメーション・ラボ 代表
加藤淳一郎
 
 大学病院から僻地の中核病院へ赴任して約7年。その際に、一人放射線科医として僻地で非常に苦労した経
験から、臨床医をサポートする立場の画像診断医をさらに支援すべく遠隔読影会社を設立して、現在に至る。医
療において、画像診断は欠くべからざる存在となっている。各診療科医師、研修医にとっては、画像にレポートが
ついてくることが当たり前という時代である。
 
RadFan2013年1月号目次に戻る

このページの先頭へ戻る