超音波ドプラが術前検査として有用であった閉鎖孔ヘルニアによる小腸イレウスの一例

category:要旨
2012.11.26

超音波ドプラが術前検査として有用であった閉鎖孔ヘルニアによる小腸イレウスの一例
千葉西総合病院消化器内科
梅木清孝ほか
 
 超音波ドプラ検査により腸管壊死の存在を予測できたことにより、安全に手術を施行できた閉鎖孔ヘルニアによる小腸閉塞の一例を経験した。超音波ドプラ検査は腸管のviabilityの判定に有用であると考えられた。
 
RadFan2012年12月号目次に戻る

会員ログイン
webiner medicalex radiology bayer Satellite View Key Journal ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼
このページの先頭へ戻る