Real-time Virtual Sonographyにおける位置合わせの工夫

category:要旨
2012.11.26

大学附属病院におけるポータブル装置を用いた緊急超音波検査の実態調査
東京医科大学消化器内科
今井康晴ほか
 
 フュージョン画像超音波システムの同期方法には、リアルタイム超音波断層像と仮想断層像の断面を同期させる位置合わせ(断面同期)と仮想断層像の軸方向を最初に登録して、リアルタイム超音波断層像と点で同期させていく位置合わせ(軸同期)の2つがある。断面同期であるReal-time Virtual Sonographyは、回転・ねじれまで考慮して位置合わせを行っていく必要がある。
 
RadFan2012年12月号目次に戻る

会員ログイン
webiner medicalex radiology bayer Satellite View Key Journal ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼
このページの先頭へ戻る