大学附属病院におけるポータブル装置を用いた緊急超音波検査の実態調査

category:要旨
2012.11.26

大学附属病院におけるポータブル装置を用いた緊急超音波検査の実態調査
東京慈恵会医科大学放射線医学講座
中田典生
 
超音波診断装置が小型化して持ち運びが便利になったこと、また安価になったことにより、各診療科の医師に広く普及するようになり、ベッドサイドで手軽に使用される機会が増えてきた。そこで今回、我々はノートPCサイズの超音波診断装置を11ヶ月使用してPOC検査を行い、その使用用途を集計してみた。
 
RadFan2012年12月号目次に戻る

会員ログイン
webiner medicalex radiology bayer Satellite View Key Journal ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼
このページの先頭へ戻る