小型加速管を用いたリニアックの新時代

category:要旨
2012.10.31

小型加速管を用いたリニアックの新時代
がん・感染症センター都立駒込病院放射線科
唐澤克之
 
 最近の放射線治療の進歩は、演算速度の進歩、画像診断技術の進歩とともに小型加速管を用いて治療が可能になったことによっている。それにより、通常のリニアックよりも安定した照射が可能になり、また様々なIGRTの方法を用いて、より確実な高精度放射線治療が可能になってきた。小型加速管を用いたリニアックによる高精度放射線治療は、今後の放射線治療が進むべき一つの道であると考えられる。

RadFan2012年11月号目次に戻る

会員ログイン
webiner medicalex radiology bayer Satellite View Key Journal ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼
このページの先頭へ戻る