放射線治療環境の新時代

category:要旨
Share (facebook)

放射線治療環境の新時代
大阪府立成人病センター放射線治療科
手島昭樹
 
 放射線治療環境は患者に高い診療の質を提供するために構造(装備、人員)と共に過程・結果の分析が可能な情報系整備が必須である。2010年に構造ガイドラインが公開された。

RadFan2012年11月号目次に戻る

Share (facebook)
このページの先頭へ戻る