腫瘍PETの今後の展望

category:要旨
2012.09.27

腫瘍PETの今後の展望
横浜市立大学大学院医学研究科
立石宇貴秀
 
 PET/CTが臨床現場に導入されて以降、腫瘍PETの診断体系が大きく変化した。FDGがここ十数年は腫瘍PETを台頭することに疑いはないが、FDG以外のPET製剤が開発され、様々な代謝情報が得られるようになってきている。新たなPETデバイスが登場し、腫瘍PETの今後の展望が期待されている。
 
RadFan2012年10月号目次に戻る

会員ログイン
webiner medicalex radiology bayer Satellite View Key Journal ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼
このページの先頭へ戻る