心臓用半導体SPECT装置の臨床的有用性

category:要旨
2012.09.27

心臓用半導体SPECT装置の臨床的有用性
愛媛大学附属病院放射線科
宮川正男ほか
 
 半導体検出器を用いた新型の心臓専用SPECT装置の特長を従来型の2検出器ガンマカメラと比較検討した。装置分解能は従来の約2倍で、検出器が回転することなく、5分以内のデータ収集で高画質の画像が得られる。欧米では100台以上がすでに稼働しており、今後我が国でもかなりの普及が予想される。
 
RadFan2012年10月号目次に戻る

このページの先頭へ戻る