高速128スライスCTによる心疾患へのアプローチ ―iCT SPがもたらす臨床的有用性―

category:要旨
2012.08.30

高速128スライスCTによる心疾患へのアプローチ ―iCT SPがもたらす臨床的有用性―
みなみ野ハートクリニック放射線科
診療放射線技師
望月純二

 心臓CTにおいて多くのアドバンテージをもつiCT SPを用いた検査では、多くの症例で良好な画像を得ることができ、iDose4による画像再構成を行うことでCTの最大の弱点である被ばく線量を低減することができる。そして、得られた画像には新たな臨床的価値が生み出される可能性がある。

会員ログイン
webiner medicalex radiology bayer Satellite View Key Journal ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼
このページの先頭へ戻る