一過性脳虚血発作(TIA)直後の超急性期脳梗塞のMRI拡散強調画像に学ぶ

category:要旨
2012.08.30

一過性脳虚血発作(TIA)直後の超急性期脳梗塞のMRI拡散強調画像に学ぶ
*1大日方医院(木更津市)、*2木更津東邦病院放射線科
大日方 研*1、 高渕奉博*2、 濱川竜一*2

 一過性脳虚血発作(TIA)直後に発症した超急性期脳梗塞例に対して、1検査2回DWI撮像—入室直後(発症28分後)と出室直前(発症45分後)を施行。この20分程度の短い時間でDWI信号の増強を認めた。脳梗塞の病態—細胞浮腫の経時変化が示唆された。脳梗塞の急性期DWI診断にとどまらず、今後のDWIの可能性を感じた。

会員ログイン
webiner medicalex radiology bayer Satellite View Key Journal ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼
このページの先頭へ戻る