当院における造影剤自動注入装置: ゾーンマスター(シーマン社)の使用状況

category:要旨
Share (facebook)

当院における造影剤自動注入装置:ゾーンマスター(シーマン社)の使用状況
奈良県立医科大学附属病院中央放射線部
水野吉将

 当院における造影剤自動注入装置:ゾーンマスター(シーマン社)の使用状況について紹介する。造影剤自動注入装置は心臓カテーテル検査2装置に1台ずつ、光干渉断層映像(OCT:Optical CoherenceTomography)用に1台、頭部血管撮影装置に1台、腹部血管撮影装置に2台、多目的IVR-TV装置に1台設置されている。とくに、腹部血管撮影装置の2台はそれぞれの注入条件を任意に設定し、同時注入することで造影コントラストを調整することが可能である。

Share (facebook)
このページの先頭へ戻る