米国でのIVR臨床留学を経験して

category:要旨
2012.07.30

米国でのIVR臨床留学を経験して
滋賀医科大学放射線科
小林勝弘

 筆者は2004年から2年間、米国テキサス州ヒューストンにあるMD Anderson Cancer CenterにてIVRの臨床研修(フェローシップ)を受けた。その経験を踏まえて留学のメリット、留学に必要な手続きおよび実際のIVR研修の概略を述べた。

このページの先頭へ戻る