APCCVIR2012報告記 〜大変充実した国際学会〜

category:要旨
2012.07.30

APCCVIR2012報告記〜大変充実した国際学会〜
岡山大学放射線科
藤原寛康

 今回のIVR総会はAPCCVIR併催の国際学会。学会に参加する前から、当番世話人の兵庫医大廣田教授およびスタッフの先生方の気合と御苦労が感じられるプログラムであり、肝癌なら肝癌に特化し、他の領域との重複が少ないように配慮されて組まれていた。海外講師陣はそれぞれの分野をリードする著名な先生方が名前を連ねており、これだけの人材を集めるのには相当の苦労があったに違いないと感銘を受けた。国際学会なので大部分は当然英語であり、初日の5月30日に座長の命を受けていた私は緊張して会場入りした。

このページの先頭へ戻る