SAFIREで被ばく低減を実現 〜臨床でのルーチン使用を目指して〜

category:要旨
2012.05.29

SAFIREで被ばく低減を実現〜臨床でのルーチン使用を目指して〜
東海大学医学部付属病院放射線技術科
杉山 誠、池田 秀

 
 新たな画像再構成アルゴリズムとして注目されている逐次近似再構成(iterative reconstruction:IR)法は、各メーカの装置における検討も数多く発表されており、一般的にその利点は同等画質での被ばく線量の低減、同じ被ばく線量での画質の向上と言われている。
 本稿では、SIEMENS社のIR法であるSAFIRE(Sinogram Affirmed IterativeReconstruction)を用いて物理評価および視覚評価を行い、SAFIREにおける同等画質での低被ばくの基準を検討したので報告する。

このページの先頭へ戻る