高音圧造影モードでの造影超音波診断

category:要旨
2012.05.01

高音圧造影モードでの造影超音波診断
沼田和司(横浜市立大学附属市民総合医療センター消化器病センター)ほか

 高音圧造影モードは背景のB-modeを排除し、腫瘍血管、腫瘍濃染パターンを明瞭にし、また三次元(3D)造影超音波と組み合わせることで、腫瘍と周囲の脈管との関係を客観的に観察可能である。また後血管相に高エコー結節でも高音圧造影モードでの間歇撮影では陰影欠損の有無を観察し、直後に再循環したバブルで、腫瘍血管の観察が可能である。

このページの先頭へ戻る