遠隔読影サービスを利用して ~検診施設の立場から~

category:要旨
2012.01.30

遠隔読影サービスを利用して ~検診施設の立場から~

財団法人愛知県健康づくり振興事業団総合健診センター
長谷川よし江

 

 今年度夏より遠隔読影システムを導入した事で、検診終了後のデータ作成に掛かる時間や読影から結果通知までに掛かる時間が短縮され、結果として職場環境の改善に繋がることによりスタッフのストレスが軽減した。今回は当事業団の遠隔読影システムの使用経験を報告する。

このページの先頭へ戻る