可搬型媒体による地域医療連携の標準化

category:要旨
2011.12.27

可搬型媒体による地域医療連携の標準化

京都医療科学大学医療科学部診療放射線技術学科
細羽 実

 社会的な医療インフラとして可搬型媒体を活用するには、様式、コンテンツの標準化を進めること、運用に関わる取り決めを行うことが必要である。長期に渡って医療連携を行うにはネットワーク型の導入が望ましいが、その場合でも可搬型媒体の連携は、自由度の高さから利用され続ける。今後は、PHRも意識した運用のシステムづくりが必要になってくるものと思われる。

このページの先頭へ戻る