小児に対する被ばく: ALARA提唱以降の10年を振り返る

category:要旨
Share (facebook)

小児に対する被ばく:ALARA提唱以降の10年を振り返る

国立成育医療研究センター放射線診療部
宮嵜 治

 ALARAとは“As low as reasonably achievable”である。小児CTのALARA原則が提唱され10年経過するが、この10年を振り返り、小児CT被ばくの何が変わったのか、また現在および今後の小児被ばくの問題点は何かについて言及する。

Share (facebook)
このページの先頭へ戻る