遠隔画像診断サービスプロバイダによる 診断報告書のQC/QAの試み

category:要旨
Share (facebook)

遠隔画像診断サービスプロバイダによる診断報告書のQC/QAの試み

株式会社ドクターネット顧問医/獨協医科大学名誉教授
藤岡睦久

遠隔画像診断サービスプロバイダ(株式会社ドクターネット)としてクライアントからのクレーム処理と業務改善の方法として、米国でACR(米国放射線専門医会)のもとで実施されているRADPEER Scoringを参考に、QC/QA(品質管理・品質保証)システムを導入し、実施している。放射線科医同士の連携が希薄な企業での報告書の精度管理についての試みを紹介し、遠隔画像診断の将来に必要とされる報告書の精度管理の在り方について言述する。

Share (facebook)
このページの先頭へ戻る