循環血液量を指標とした造影剤投与量決定法 〜Dual Shot GXによる適正化〜

category:要旨
2011.11.30

循環血液量を指標とした造影剤投与量決定法〜Dual Shot GXによる適正化〜

四日市社会保険病院放射線科
森田昌枝

 肝臓の造影CTにおける造影剤投与量の適正化は、以前よりいくつかの手法が検討されてきた。至適造影剤量の規定方法として循環血液量を指標とした投与量決定法を検討し、Dual Shot GXに搭載したことにより、効率的で臨床的意義の高い造影CT検査を行うことが可能となった。

このページの先頭へ戻る