放射線科情報ポータル Rad Fan Online(ラドファン オンライン) 医学出版社メディカルアイ » Blog Archive » 戸畑共立病院[MRI]Image Report Case 4 痔瘻

戸畑共立病院[MRI]Image Report Case 4 痔瘻

Satellite View~Canon Special Session : Innocent Story~ありのままの医療を求めて Archives
2014.05.07

マークのある画像は、クリックすると画像が拡大されます。
 

高い分解能とすぐれた脂肪抑制が患者のQOL向上に役立つ診断を導いた。

3テスラの高い空間分解能と造影能が、より詳細に病変を描き出すことで的確な術前診断を可能にした。患者のQOL向上という医療の命題に応える着実な進歩が実現されている。
 
■病 歴:30歳代男性
クローン病(小腸大腸型)で経過観察中、肛門部で9時方向に表皮発赤、外側皮下に約3cm大の皮下硬結を認めた。痔瘻+肛門周囲膿瘍が疑われ、MRI施行となる。
 
■検査目的
瘻孔の位置、瘻管の走行、皮下膿瘍の進展範囲を把握する。
 
■読影医コメント
CTで評価困難な瘻孔の位置、瘻管の走行、皮下膿瘍の進展範囲が明確に診断可能である。痔瘻はQOLを著しく低下させる疾患である。深部を走行して複雑な形態をとる瘻管や膿瘍腔は、触診や指診では正確な病変の広がり診断は困難である。3T MRIは非侵襲性、高い分解能と造影能によって痔瘻の術前診断に有用なモダリティとなる。
 
■検査担当技師コメント
3T MRIのような高磁場MRI装置で頚部、腋窩、会陰部といった凹凸のある領域を撮像する際は、磁化率によるアーチファクトや脂肪抑制の不良を克服することが必須の課題である。Multi-phase Transmissionを搭載した本3TMRI装置では、T2強調像やダイナミック撮像の際、局所的なシミングを適切に行うことによって脂肪抑制のムラがほとんど目立たなくなる。経験年数の浅いオペレータでも安定した画質が得られるため、安心して検査を行うことができる。

元画像
拡大処理画像

 

Image 1.
シーケンス名:FSE+10_hiSR
TR/TE:700/10msec
FA/FL:90/160deg
Slice thickness:5.0mm
FOV:30x30cm
Matrix:256×336
SPEEDER:off
撮像時間:2’20”
 
Image 1.Gd-DTPA(Axial)
直腸9時方向に瘻孔を認める(赤矢印)。瘻孔から連続して瘻管の走行および皮下膿瘍の進展範囲が明確に評価可能である(黄矢印)。
元画像
拡大処理画像
 
Image 2.
シーケンス名:FSE+10_hiSR
TR/TE:600/10msec
FA/FL:90/160deg
Slice thickness:5.0mm
FOV:30x30cm
Matrix:256×336
SPEEDER:off
撮像時間:3’00”
 
Image 2. Gd-DTPA(Coronal)
冠状断においても、直腸9時方向に瘻孔を認める(赤矢印)。瘻孔から連続して瘻管の走行および皮下膿瘍の進展範囲が明確に評価可能である(黄矢印)。
元画像
拡大処理画像
 
Image 3.
シーケンス名:FSE+10_hiSR
TR/TE:6286/60msec
FA/FL:90/160deg
Slice thickness:5.0mm
FOV:30x30cm
Matrix:224×256
SPEEDER factor:1.3
撮像時間:3’00”
 
Image 3.脂肪抑制T2強調像(Axial)
造影MRIと同様の評価が可能である。
元画像
拡大処理画像
 
Image 4.
シーケンス名:FSE+10_hiSR
TR/TE:6286/60msec
FA/FL:90/160deg
Slice thickness:5.0mm
FOV:30x30cm
Matrix:224×256
SPEEDER factor:1.3
撮像時間:3’00”
 
Image 4.脂肪抑制T2強調像(Coronal)
造影MRIと同様の評価が可能である。
会員ログイン
Satellite View Key Journal HP1 ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ▼▽「RadFan」2011年4月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ehon1
メディカルアイ

Facebook始めました!
このページの先頭へ戻る