2008年12月号

(2008年11月27日 刊行)

Vol.6 No.13 2008 Decemver

定価1,000円

目次

■特集 1
特集1 循環器画像診断 Cutting Edge

-Clinical Report-

■CT
・SIEMENS SOMATOM Definitionの使用経験
渡辺浩毅(済生会松山病院)ほか
■MRI
・心臓MRI検査の現状と展望 ~32ch elements cardiac coilと3.0T MRIがもたらすもの~
高瀬伸一(三重大学医学部附属病院)ほか

■X線
・CTによる血管構造の3次元的描出と冠動脈 インターベンション治療への応用~CT画像- 血管造影連動CT TrueViewの有用性~
西田育功(医療法人高清会高井病院)

-Technical Report-

■CT
・循環器領域における心臓CT最先端技術 ~Aquilion ONETM~
大澤幸恵(東芝メディカルシステムズ)

■X線
・最新鋭血管撮影システム 「BRANSIST safire」の紹介
加藤正樹(島津製作所)

・循環器インターベンションをダイナミックに支え る新技術
廣瀬聖史(東芝メディカルシステムズ)

■核医学
・心臓専用SPECT装置Ventriと心臓用アプリ ケーションCardIQ Fusion
河窪雅宏(GE横河メディカルシステム)

■超音波
・アップグレードによってハイエンドクラスに迫っ たアロカ超音波診断装置プロサウンドα7
アロカ


■特集2
Best Diagnosis Software
~確定診断を導く解析ソフトウエア

■3D画像解析

・最新の「3Dワークステーション」について
阪本 剛(AZE)ほか

・Xelis Colon
伊藤 孝(インフィニットテクノロジー(INFINITT JAPAN))

・MRI画像解析ソフトウエアnordicICE
森居隆史(エルエイシステムズ)

・肺気腫計測ソフトウエア 「LungVision」ラングビジョン
ケイ・ジー・ティ

・ZIOSTATIONの最新アプリケーション
ザイオソフト

・画像診断をサポートするAdvantage Workstation VolumeShare XT
濱口ちさ(GE横河メディカルシステム)

・最新の「3Dワークステーション」について
阪本 剛(AZE)ほか

・Aquarius iNtuitionの3D画像解析
清水 聡(テラリコン)

・OVA: Organs Volume Analysis
永尾朋洋(日立メディコ)

・PHILIPSワークステーションの最新技術
水口しのぶ(フィリップスエレクトロニクスジャパン)

・DxMMワークステーションOPT. XP-Hepatic 肝臓組織計測・シミュレーションソフトウエア
加藤健次(メダシス・ジャパン)

・ZedView
清徳省雄(レキシー)

■マンモグラフィCAD

・GE・デジタルマンモグラフィ用CADの現状と臨床的有効性
船木新壽(GE横河メディカルシステム)

・乳腺画像診断におけるCADの使い方
俣野公志(富士フイルムメディカル)

・最新の「3Dワークステーション」について

■循環器動画像解析

・INFINITT Cardiology
伊藤 孝(インフィニットテクノロジー(INFINITT JAPAN))


○第36回日本磁気共鳴医学会大会 ランチョンセミナー2
共催:協和発酵キリン株式会社
MR造影剤と撮像パラメータ
谷本伸弘(慶應義塾大学)
座長:山下康行(熊本大学大学院) 

○第44回日本医学放射線学会秋季臨床大会ランチョンセミナー1
共催:第一三共株式会社
肝造影CTにおける実際:技術的要点とプロトコールの現状
~造影剤用量・濃度選択における考え方~
市川智章(山梨大学)

○Brilliance iCT Launch Symposium
主催:フィリップスエレクトロニクスジャパン
Advances in CT: Brilliance iCT and Essence Technology
N.Abraham Cohn(Phillips CT Global Systems)
iCTによるCardiac CTの可能性
~よりやさしく、より確実に~
小山靖史(桜橋渡辺病院)
Impact of 256-section CT on cardiac imaging
-novel technology and beyond
Martin H.K. Hoffmann(Univ.Hospital of Ulm) 

■M-pos
症例1 膵管内乳頭粘液性腫瘍(IPMN)に合併した膵体部癌
症例2 限局型の自己免疫性膵炎
入江裕之(佐賀大学) 

■Special座談会

CIRSE 2008を振り返る
~日本人(の一部?)は本当によくやった!~
吉川公彦(奈良県立医科大学)/宮山士朗(福井県済生会病院)/ 阿保大介(北海道大学)/田中利洋(奈良県立医科大学)/山西 伴明(高知大学)/司会:林 信成(IVRコンサルタンツ)


NEWS
書評
Rad Navi
Rad Museum
総目次 Rad Fan Vol.6 No.1~No13(2008)

 

2017
12月号12月臨時増刊号11月臨時増刊号10月号9月号8月号7月号7月臨時増刊号6月号5月号4月号3月号2月号1月号
2016
12月号11月臨時増刊号11月号10月臨時増刊号10月号9月号8月号7月号6月臨時増刊号6月号5月号4月号3月号2月号1月号
2015
12月号11月臨時増刊号11月号10月臨時増刊号10月号9月号8月号7月臨時増刊号7月号6月号5月号4月号3月号2月号1月号
2014
12月臨時増刊号12月号11月号10月臨時増刊号10月号9月号8月号7月号7月臨時増刊号6月号5月号4月号3月号2月号1月号
2013
12月号11月臨時増刊号11月号10月号9月臨時増刊9月号8月号7月号6月号5月臨時増刊号5月号4月号3月号2月号1月号
2012
12月号11月号10月号9月臨時増刊号9月号8月号2012 第10巻別冊7月号6月号5月臨時増刊号5月号4月号3月号2月号1月号
2011
12月号11月号10月臨時増刊号10月号9月号8月号7月号6月号5月号4月臨時増刊号4月号3月号2月号1月号
2010
12月号11月号10月号9月臨時増刊号9月号8月号7月号6月号5月号4月号3月号2月号1月号
2009
12月号11月号10月号9月臨時増刊号9月号8月号7月号6月号5月号4月号3月号2月号1月号
2008
12月号11月号10月号9月号8月号7月号6月号5月号4月号3月号2月号1月号
2007
12月号11月号10月号9月号8月号7月号7月臨時増刊6月号5月号4月号3月特集増大号2月号1月号
2006
12月号11月号10月号9月号8月号7月号6月号5月号4月号3月特集増大号2月号1月号
2005
12月号10月号9月特集増大号8月号6月号4月号3月特集増大号2月号
2004
12月号10月号8月号6月号4月号3月特集増大号2月号
2003
12月号10月号8月号6月号4月号
会員ログイン
Satellite View Key Journal HP1 ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ▼▽「RadFan」2011年4月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ehon2
このページの先頭へ戻る