2014年2月号

(2014年1月25日 刊行)

Vol.12 No.2 2014 February

定価2,500円

目次

※タイトルに色がついている論文はクリックすると要旨をご覧いただけます。

 
特集1 RSNA 2013 Trend Chaser
 
RSNA2013レポート
大田英揮(東北大学病院)
 
NeuroradiologyおよびInterventional Neuroradiology分野におけるRSNA2013リポート
髙尾洋之(東京慈恵会医科大学)
 
RSNA2013 Trend Chacer
中田典生(東京慈恵会医科大学)
 
RSNAからみたDual Energy CT最新事情
檜垣 徹(広島大学)
 
初めてのRSNAで得たインプレッション
石田和史(石心会川崎幸病院)
 
今年も魅力満載であったRSNA
小林隆幸(北里大学北里研究所病院)
 
RSNA2013レポート─いままでとこれからに思いをはせて─
鈴木雅裕(国立がん研究センター中央病院)
 
 
RSNA Award Report
Stairway to RSNA

 
Morphology and Invasiveness~How CT colonography can Help to Identify which Lesions Need Treatment Soonest
早期大腸癌の病変形態と浸潤度
椎野(小田)麻生(国立がん研究センター中央病院)
 
Current and Novel Imaging Technologies in Coronary Computed Tomography: What the Radiologist Needs to Know
冠動脈CTの現在と最新の技術:放射線科医の知っておくべきこと
町田治彦(東京女子医科大学東医療センター)ほか
 
CT Gastrography with Dual Source Dural Energy CT: Typical Imaging Findings and Image Intepretation of T Stage Diagnosis of Gastric Cancer with Three-dimensional Imaging and Two-dimensional Iodine Map
二管球デュアルエナジーCTを用いたCT gastrography:ヨードマップを用いた二次元・三次元深達度診断の典型的所見と読影について
白神伸之(東邦大学医療センター大森病院)
 
Diagnostic Strategy for Cystic Masses in the Female Pelvis: A Comprehensive Review and Diagnostic Impact of Advanced MR Techniques
女性骨盤部嚢胞性病変の診断ストラテジー
Many Faces of Ovarian Teratomas: Usual, Unusual Imaging Manifestations, Pitfalls, and Problem-solving MR Techniques
卵巣奇形腫の画像診断とピットフォール
竹内麻由美(徳島大学)
 
IgG4-related disease( IgG4-RD) with whole body FDG-PET/CT: image characteristics and how to differentiate from other diseases.
IgG4関連疾患のFDG-PET/CT所見と鑑別診断
藪崎哲史(北海道大学)
 
 

特集2 インプラント患者の画像診断~主にMRI conditional pacemakerをめぐって~
 
序 文
似鳥俊明(杏林大学)
 
インプラント装着患者の画像診断の現状と課題
土橋俊男(日本医科大学付属病院)
 
条件付きMRI対応ペースメーカを知るために─不整脈、心臓デバイス治療(ペースメーカ・ICD・CRT)、条件付きMRI対応ペースメーカの基本知識─
石村理英子(虎の門病院)
 
MRIとペースメーカ
濱田健司(杏林大学)
 
MRI対応心臓植え込みデバイス術後のMRI検査
佐藤俊明(杏林大学)ほか
 

Technical Report
 
MRI conditional pacemakerと不整脈治療器
セント・ジュード・メディカル
 
BIOTRONIK社 条件付きMRI対応植込み型デバイス~ペースメーカ/ICD/CRT-D/CRT-P~
佐藤英生(バイオトロニックジャパン)
&nbap;
条件付きMRI対応ペーシングシステムSureScan® Pacing System
日本メドトロニック
 
 

特集3 キラリ★放射線科ナース~看護の力で患者さんを笑顔に。そしてチーム力アップ!~
 
序 文
浅井望美(国立がん研究センター中央病院)
 

IVR看護研究会の歩みと今後の役割
浅井望美(国立がん研究センター中央病院)
 
がん放射線療法看護の実際
下谷久美(国立がん研究センター中央病院)
 
放射線画像診断部門における看護師の役割と実際
中谷春美(東京大学医学部附属病院)
 
やっぱりIVRがすきっ! チーム医療の中でインターベンションエキスパートナース(INE)の役割を発揮するために
野口純子(全国土木建築国民健康保険組合 総合病院 厚生中央病院)
 
 

CCT2013 ランチョンセミナー
患者にやさしい循環器医療の実践
座長 山口 徹 先生(虎の門病院)
共催 東芝メディカルシステムズ
 
最新心臓MRIによる低侵襲画像診断の活用
渡邉哲史 先生(草津ハートセンター)
 
 

第41回 日本放射線技術学会秋季学術大会 ランチョンセミナー
最先端CT/MRIによる臨床応用
座長 小川正人 先生(産業医科大学病院)
共催 東芝メディカルシステムズ
 
3T装置の最新Technologyの活用~非造影検査の新たな取組み~
沖川隆志 先生(熊本病院)
 
 

第49回日本医学放射線学会秋季臨床大会ランチョンセミナー
マイクロバルーンカテーテルの進化によるB-TACEの新たな展望
座長 佐々木 繁(名古屋市立西部医療センター)
共催 テルモ・クリニカルサプライ
 
講演1
マイクロバルーンカテーテルに求めること─当院でのB-TACEを振り返って─
竹口友有子(武蔵野赤十字病院)
 
講演2
肝細胞がんに対する新たな試みであるダブルバルーン法によるB-TACE(DB-TACE)─造影エコーによるバルーン拡張前後での血行動態の変化を中心とした従来法との比較検討─
佐口 徹(東京医科大学)
 
 

Innocent Story~ありのままの医療を求めて 共愛会戸畑共立病院~
 
 
<別冊付録>
SPECT検査の今―脳SPECTルネッサンス―
 
 

連載
倒れる時はマエノメリ! ~IVR海外挑戦記~ 第2回
堀川雅弘(Dotter Interventional Institute/クオリティラドIVR)
 
連載
解体新書~日本の技術を探る! Global Standard from Japan~第3回 
コニカミノルタ
 
 
Radlink
第36回日本IVR学会九州地方会:参加印象記
井上聖二郎(熊本大学医学部附属病院)
 
 
NEWS!
お知らせ
RadNavi
Rad Museum

2018
12月号11月号10月号9月号8月号7月号6月号5月号4月号3月号2月号1月号
2017
12月号12月臨時増刊号11月臨時増刊号10月号9月号8月号7月号7月臨時増刊号6月号5月号4月号3月号2月号1月号
2016
12月号11月臨時増刊号11月号10月臨時増刊号10月号9月号8月号7月号6月臨時増刊号6月号5月号4月号3月号2月号1月号
2015
12月号11月臨時増刊号11月号10月臨時増刊号10月号9月号8月号7月臨時増刊号7月号6月号5月号4月号3月号2月号1月号
2014
12月臨時増刊号12月号11月号10月臨時増刊号10月号9月号8月号7月号7月臨時増刊号6月号5月号4月号3月号2月号1月号
2013
12月号11月臨時増刊号11月号10月号9月臨時増刊9月号8月号7月号6月号5月臨時増刊号5月号4月号3月号2月号1月号
2012
12月号11月号10月号9月臨時増刊号9月号8月号2012 第10巻別冊7月号6月号5月臨時増刊号5月号4月号3月号2月号1月号
2011
12月号11月号10月臨時増刊号10月号9月号8月号7月号6月号5月号4月臨時増刊号4月号3月号2月号1月号
2010
12月号11月号10月号9月臨時増刊号9月号8月号7月号6月号5月号4月号3月号2月号1月号
2009
12月号11月号10月号9月臨時増刊号9月号8月号7月号6月号5月号4月号3月号2月号1月号
2008
12月号11月号10月号9月号8月号7月号6月号5月号4月号3月号2月号1月号
2007
12月号11月号10月号9月号8月号7月号7月臨時増刊6月号5月号4月号3月特集増大号2月号1月号
2006
12月号11月号10月号9月号8月号7月号6月号5月号4月号3月特集増大号2月号1月号
2005
12月号10月号9月特集増大号8月号6月号4月号3月特集増大号2月号
2004
12月号10月号8月号6月号4月号3月特集増大号2月号
2003
12月号10月号8月号6月号4月号
会員ログイン
Satellite View Key Journal HP1 ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ▼▽「RadFan」2011年4月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ehon2
このページの先頭へ戻る