2003年8月号

(2003年7月25日 刊行)

Vol.1 No.3 2003 AUGUST

定価2,000円

目次

企画:大渕真男(昭和大藤が丘病院放射線科)

【企画主旨】
IVRはもしかしたらEvidence Based Medicineがむずかしい、あるいはもっともかけ離れた、だけと多くの治療手段のうち、時に最も有効な手段として選択される非常に特異な分野ではない でしょうか? そしてそれは、IVRが個々の施行医のもつ技術、センス、およびポリシーに依存するところが大きい、と多くのIV radiologistは思っているのではないでしょうか? そのようなジャンルにおいては、学会発表とか論文という形では表現しづらいあるいはできない 「こだわり」がたくさんあるものと思われます。今回はリザーバー特集と題してリザーバーに関するドクターのこだわりとデバイスメーカーのこだわりを特集し てみてはと思いました。
1.リザーバーとEBM
荒井保明先生:愛知県ガンセンター(放)
2.ドクターのこだわり
1)穿刺部位
2)道具
3)リザーバーの埋め込み:埋め込む場所、固定の有無とその方法
4)患者への説明
5)リザーバー留置後の管理
荒井保明先生:愛知県ガンセンター(放)
伊東和樹先生:伊東クリニック(内)
高安幸生先生:放射線科(放)
森田荘二郎先生:(放)
板野 哲先生:久留米大(第2内科)
紀野修一先生:旭川医大(外科)
3.デバイスメーカーのこだわり
#カテーテル
東レメディカル
ソリュウション
パイオラックス
#ポート
メディコン
東レメディカル
メディコスヒラタ
4.デバイス使用上の知っておきたい注意点
貞岡俊一先生:東京慈恵会医科大学(放)
5.リザーバー留置って儲かるの?
星川嘉一先生:聖マリアンナ医大(放)

2018
9月号8月号7月号6月号5月号4月号3月号2月号1月号
2017
12月号12月臨時増刊号11月臨時増刊号10月号9月号8月号7月号7月臨時増刊号6月号5月号4月号3月号2月号1月号
2016
12月号11月臨時増刊号11月号10月臨時増刊号10月号9月号8月号7月号6月臨時増刊号6月号5月号4月号3月号2月号1月号
2015
12月号11月臨時増刊号11月号10月臨時増刊号10月号9月号8月号7月臨時増刊号7月号6月号5月号4月号3月号2月号1月号
2014
12月臨時増刊号12月号11月号10月臨時増刊号10月号9月号8月号7月号7月臨時増刊号6月号5月号4月号3月号2月号1月号
2013
12月号11月臨時増刊号11月号10月号9月臨時増刊9月号8月号7月号6月号5月臨時増刊号5月号4月号3月号2月号1月号
2012
12月号11月号10月号9月臨時増刊号9月号8月号2012 第10巻別冊7月号6月号5月臨時増刊号5月号4月号3月号2月号1月号
2011
12月号11月号10月臨時増刊号10月号9月号8月号7月号6月号5月号4月臨時増刊号4月号3月号2月号1月号
2010
12月号11月号10月号9月臨時増刊号9月号8月号7月号6月号5月号4月号3月号2月号1月号
2009
12月号11月号10月号9月臨時増刊号9月号8月号7月号6月号5月号4月号3月号2月号1月号
2008
12月号11月号10月号9月号8月号7月号6月号5月号4月号3月号2月号1月号
2007
12月号11月号10月号9月号8月号7月号7月臨時増刊6月号5月号4月号3月特集増大号2月号1月号
2006
12月号11月号10月号9月号8月号7月号6月号5月号4月号3月特集増大号2月号1月号
2005
12月号10月号9月特集増大号8月号6月号4月号3月特集増大号2月号
2004
12月号10月号8月号6月号4月号3月特集増大号2月号
2003
12月号10月号8月号6月号4月号
会員ログイン
Satellite View Key Journal HP1 ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ▼▽「RadFan」2011年4月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ehon1
このページの先頭へ戻る