スター・プロダクト、赤外線イメージング技術を使って静脈を皮膚上にリアルタイムに投影する「ベインビュア ビジョン」を発売

2011.10.17
ベインビュア ビジョン
目に見えない血管まで写し出す
 ベインビューアは,近赤外線を皮膚に照射すると,血液中のヘモグロビンがこの近赤外線光を吸収し,周囲の組織が反射。ヘッドユニットがこの反射したデータを取り込んで処理し,皮膚の表面に投映する。

主な特長
・赤外線イメージング技術を使って皮下約10 ㎜の深さの静脈をリアルタイムに直接皮膚上に投影する
・可視できない血管の評価が可能となる
・ 穿刺前に血流の良さや弁の位置が確認できることにより,針のゲージや穿刺位置の決定が早くなる
・穿刺後の注入薬剤の流れや血液の漏れなどもいち早く確認でき,危険薬剤による事故防止(血管外漏出)にも大変効果的
・直接皮膚上に投影するため患者から目を離す必要がない
・この近赤外線は専門の資格や専用の部屋も不要
・皮膚を加熱したり損傷や交差感染の危険性もなく,造影剤も不要。誰もが院内のどの場所でも安全で手軽に使用できる
・処置時間の短縮,効率アップに繋がる

●お問い合わせ
スター・プロダクト株式会社 販売促進室
TEL:03-3812-6005
URL:http://www.starprod.co.jp/

会員ログイン
Satellite View Key Journal HP1 ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ▼▽「RadFan」2011年4月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ehon3
このページの先頭へ戻る