日立メディコ、冷凍手術器 CryoHitを新発売

2011.08.31
腎腫瘍凍結治療中のMRI画像 提供:GALIL MEDICAL社
日立メディコは、冷凍手術器 CryoHitを新発売すると発表した。  

MRIガイド下の凍結療法

小径腎悪性腫瘍を対象に、低侵襲の治療手段を提供する。
低侵襲治療のため、患者の比較的早い活動復帰が期待できる。

CryoHitとは

GALIL MEDICAL社製のCryoHitは、組織の凍結壊死を利用した冷凍手術器だ。
高圧アルゴンガスを使用し、ジュール・トムソン効果によって、ニードルの先端部に凍結領域を作り出す。
凍結中の痛みは少ないとされている。

1.5mm径ニードル

ニードルは1.5mm径で、MRIに対応しており、MRIガイド下で経皮的な穿刺ができる。
ニードルの種類・本数、その配置により、腫瘍の寸法と形状に適した凍結領域を作り出すことができ、小径腎腫瘍(4cm程度まで)に対応する。
* 本品の再使用はできません。
* 包装に表示されている使用期限をお守りください。

動作原理

高圧アルゴンガスを使用し、そのジュール・トムソン効果によって、ニードル先端部に低温を発生するものである。
右図のように、気密を保ったニードル内に高圧ガスを流すことで、凍結領域が作り出されまる。

MRIとの併用

MRIにより、右下図のようにニードルの位置と凍結領域を観察できる。

 

製造元 GALIL MEDICAL社
製造販売元 株式会社日立メディコ
URL:http://www.hitachi-medical.co.jp/product/cryo/cryohit.html
販売名:冷凍手術器 CryoHit
医療機器承認番号:22200BZX00073000

会員ログイン
Satellite View Key Journal HP1 ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ▼▽「RadFan」2011年4月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ehon3
このページの先頭へ戻る