東芝メディカルシステムズ、X線CT装置向け節電モードプロトコルについて~停電時、自家発電環境で救急撮影を可能に~

2011.08.29
東芝メディカルシステムズ(株)(本社:栃木県大田原市、社長:綱川 智)は、災害時および停電時における画像診断検査の継続を目指し、既設のX線CT装置向けに停電時救急撮影プロトコルを開発した。
対象のX線CT装置は、当社最高級機種であるAquilion ONE(アクイリオンワン)で、その高速撮影性能を生かし、救急検査に特化した節電型救急撮影プロトコルを開発した。既設のAquilion ONEにこの撮影プロトコルを組み込むことで、装置の改造無しに、かつ造影シーケンスなどの検査手順等を変えることなく、消費電力を通常検査時の最大50%削減、最大消費電力を30kVA程度まで抑制しながら、救急検査を継続することが可能になる。
先日、財団法人医療機器センター附属医療機器産業研究所より発表された、『東日本大震災に伴う計画停電の病院施設への影響に関する報告書』にあるように、停電時に画像診断装置を稼動させるニーズは非常に高いものがある。しかし従来、X線CT装置は消費電力の最大定格および電力変動が大きいため、停電時に非常用電源に接続して使用することは困難と、一般に考えられてきました。今回、臓器を一回転で撮影できる上記機種の高速撮影性能を生かし、検査種類を救急用に限定し、かつ撮影条件を調整して最大消費電力を抑えることで、非常用電源への接続が従来より容易になった。
当社の経営スローガンである「Made for Life」を実践するCSR活動の一つとして、今回、既設のX線CT装置を停電時に稼動させる取組みを行った。今後もイノベーションのさらなる進化とたゆまぬ創出を続け、高付加価値のある商品・サービスを提供していく。 

■お問い合わせ
東芝メディカルシステムズ(株)
広報室
TEL:0287-26-5100
URL:http://www.toshiba-medical.co.jp/

会員ログイン
Satellite View Key Journal HP1 ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ▼▽「RadFan」2011年4月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ehon1
このページの先頭へ戻る