ディープラーニングを応用した画像再構成技術・新Dual Energy技術を搭載 新世代320列エリアディテクターCT 「Aquilion ONE / PRISM Edition」 の販売開始について | 放射線科情報ポータル Rad Fan Online(ラドファン オンライン) 医学出版社メディカルアイ

ディープラーニングを応用した画像再構成技術・新Dual Energy技術を搭載 新世代320列エリアディテクターCT 「Aquilion ONE / PRISM Edition」 の販売開始について

2020.01.07

 キヤノンメディカルシステムズ(株)は、ディープラーニングを応用した画像再構成技術および新たなDual Energy技術を搭載した、320列エリアディテクターCT(以下、ADCT)Aquilion ONE / PRISM Edition(アクイリオン ワン / プリズム エディション)の国内販売を1月6日より開始する。
 Aquilion ONEは、1回転で16㎝の幅を撮影できる320列面検出器(エリアディテクター)を搭載し、脳や心臓などの臓器全体を1回転で撮影でき、低被ばく線量下で高精細な画像取得が可能である。また、血流や臓器、四肢の動きなど、動態や機能情報を可視化でき、その臨床的価値が広く認められている。
 本製品では、ADCTの臨床的有用性をさらに高めるために、ディープラーニングを用いて設計された画像再構成技術「Advanced Intelligent Clear-IQ Engine (AiCE)」(注1)や、新たなデュアルエネルギー技術である「Spectral Imaging System(スペクトラルイメージングシステム)」(注1)を搭載。
 ディープラーニングとADCTの融合で、さらに確信度の高い情報を提供し、日常診療に貢献する。

Aquilion ONE PRISM Edition

●製品の特長
1) ディープラーニングを用いて設計された再構成技術 AiCE(注1)
 AiCEはDCNN(ディープコンボリューショナルニューラルネットワーク) を用いてノイズ成分とシグナル成分を識別する処理を、CTの画像再構成に適用したものである。ニューラルネットワークのトレーニングでは、教師データにMBIR (Model Based Iterative Reconstruction) を応用したデータを用いることで、CT装置が持つ最大限の分解能を引き出しながら、高いノイズ低減効果を得ることができる。
DCNN(ディープコンボリューショナルニューラルネットワーク)を用いて、さらに複雑なモデルや繰り返し演算の効果を組み込むことで、ワークフローを変えることのない,高速な画像再構成を実現している。
2) 新たなデュアルエネルギー技術 Spectral Imaging System(注1)
 Spectral Imaging Systemは、Rapid kV Switchingと自動照射制御(Auto Exposure Control: AEC)との連動を可能としたSpectral Scanにより、同時相の低エネルギーと高エネルギーのデータを部位に合わせた線量で収集できる。また、DCNNを用いたSpectral Reconstructionにより高いエネルギー弁別能と低ノイズを両立させた画像再構成が可能となり、医用画像処理ワークステーション Vitrea VWS-001SAに搭載される専用の解析ソフトウェアを用いることで、仮想単色X線画像や様々な物質弁別など、従来の診断画像に更なる付加情報を提供する。

タッチパネル式デバイス
3) 臨床の可能性を高める最先端技術
 ADCTの有用性を高める、スキャン技術や被ばく線量低減/画質改善技術に留まらず、4D解析や非線形位置合わせによるサブトラクションなどの、臨床価値を高める豊富な臨床アプリケーションソフトも搭載可能である。さらに、CT透視下での手技においても、新たに開発したタッチパネル式デバイスによるインターフェースにより、シームレスに操作を簡便に行うことができるため、より高速に安全な手技が可能となる(注1)。

4) 検査環境をフレキシブルに支える装置設計
 専用の高性能GPUの採用により、AiCEやSpectral Reconstructionと、従来のFBPやAIDR 3Dとの並列再構成が行える。また、78cmの大開口径や、±30°まで可能なガントリチルト、被写体のポジショニングをサポートする寝台左右動機構(注1)や、ボリュームスキャン時の撮影範囲を直接視認できるエリアファインダ(注1)など、ADCTによるワークフローの効率化、快適な検査環境を提供する。さらにコンパクトデザインによる省スペースや省電力も実現することで、日常の検査と運用に新しい価値を創出する。
(注1) オプション

一般的名称 全身用X線CT診断装置
販売名 CTスキャナ Aquilion ONE TSX-306A
製造販売認証番号 301ADBZX00028000
一般的名称 汎用画像診断装置ワークステーション
販売名 医用画像処理ワークステーション Vitrea VWS-001SA
製造販売認証番号 224ACBZX00045000

●お問い合わせ
キヤノンメディカルシステムズ株式会社
https://jp.medical.canon/

会員ログイン
Satellite View Key Journal HP1 ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ▼▽「RadFan」2011年4月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ehon1
このページの先頭へ戻る