キヤノンメディカルによるAZEの吸収合併・事業統合について | 放射線科情報ポータル Rad Fan Online(ラドファン オンライン) 医学出版社メディカルアイ

キヤノンメディカルによるAZEの吸収合併・事業統合について

2019.11.18

 キヤノンメディカルシステムズ(株)(以下、キヤノンメディカル)と、子会社である(株)AZE(以下、AZE)とは、キヤノンメディカルがAZEを吸収合併することによりAZEの事業をキヤノンメディカルに統合することで合意し、2020年1月から新たな体制で事業を継続する運びとなった。
 AZEは、医用画像解析システムの企画・開発・販売・サービスを行っており、「VirtualPlace」など、独自の解析機能を搭載したマルチモダリティ対応の医用画像解析ワークステーションは、国内顧客を中心に高い評価を獲得している。
 キヤノンメディカルは、画像診断装置をコアに、ヘルスケアITソリューション事業や体外診断事業への領域拡大を図り、キヤノンのメディカル事業主軸としての事業の強化・拡大を図っている。
 今後は両社の持つ技術・リソースを融合させ、シナジー効果を生み出すことで、顧客により魅力的な製品とサービスを提供していくことを目指す。
 キヤノンは、新たな成長を目指した事業ポートフォリオの見直しを図っており、新規事業の一つであるメディカル事業のさらなる発展のため、2016年にキヤノングループ入りしたキヤノンメディカルを中心にグローバルに事業再編を進めている。
 今回のキヤノンメディカルによるAZE事業の吸収合併は、メディカル事業再編の一環であり、今後も事業の補完・強化を進め、キヤノングループ全体でメディカル事業の強化・拡大を実現していくとのことだ。

●お問い合わせ
キヤノンメディカルシステムズ株式会社
https://jp.medical.canon/

会員ログイン
Satellite View Key Journal HP1 ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ▼▽「RadFan」2011年4月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ehon3
このページの先頭へ戻る