キヤノンメディカルシステムズ、常温での保存・輸送が可能な蛍光LAMP 用試薬の開発について

2019.05.09

 キヤノンメディカルシステムズと長崎大学は、AMEDの「新興・再興感染症に対する革新的医薬品等開発推進研究事業」
(研究開発代表者:安田二朗(長崎大学 感染症共同研究拠点))において、

常温での保存や輸送が可能な蛍光LAMP 用常温保存試薬を開発した。

 従来エボラ出血熱ウイルス検出試薬は、その迅速性と簡便性が高く評価されてきたが、

試薬の運搬は冷凍で行うことから、常温での輸送・保管ができる試薬が求められてきた。

今回、エボラ出血熱ウイルス専用の常温保存試薬の製造法の開発、品質の検証を進め、

本年3 月に3 ヶ月保存の検証が終了した。

 今後も長崎大学とキヤノンメディカルシステムズは、引き続き共同開発を進めることで

研究成果の実用化、普及を推進していく。

●お問い合わせ
キヤノンメディカルシステムズ株式会社
https://jp.medical.canon/

会員ログイン
Satellite View Key Journal HP1 ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ▼▽「RadFan」2011年4月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ehon1
このページの先頭へ戻る