日立製作所、日立の放射線システムを導入した永守記念最先端がん治療研究センターが治療開始

2019.04.01

  

左:永守記念最先端がん治療研究センター
中央:陽子線治療システム
右:X 線治療システム

 株式会社日立製作所(以下、日立)は、日立の放射線治療システムを導入した京都府立医科大学永守記念最先端がん治療研究センター(以下、永守記念最先端がん治療研究センター)が、2019年4月1日から治療を開始した。
 日立は、永守記念最先端がん治療研究センター向けに放射線治療システムである陽子線治療システム 「PROBEAT-CR 」、および高精度X線治療システム「TomoTherapy system Radixact」の運用支援や施設運営に関わるサービスを包括的に提供する。このサービスにより、永守記念最先端がん治療研究センターのスタッフは医療に専念でき、高度かつ 最先端の放射線治療を提供できる。
 永守記念最先端がん治療研究センターは、地元京都府と民への貢献を目的に、地元京都府と民への貢献を目的に、 地元京都府と民への貢献を目的に、株式会社興産エスエヌ興産より、京都府へ寄付された最先端のがん治療研究施設である。陽子線システムなど最先端の機器を1カ所に集約し、京都府立医科大学の放射線治療施設として運営されている。
 放射線治療システムは、高度な医機器のため定期的メンテナンスが必要であり、また京都府初の陽子線治療システム導入施設であるため、普及に向けた府民への啓発活動や近隣医療施設との連携といった運営のニーズがある。
 日立の粒子線治療システムは、世界的に著名な病院で導入されており98%以上の装置稼働率実績やお客さまへの長期的かつ充実したサポート体制など高い信頼性と績が評価されている。また、2,000年から放射線部門向けの運用支援の運用支援サービスを提供しており、提携施設に対して放射線診療に必要な機器の導入・安定稼働に関わるエンジニアリング支援、アセット管理などのオペレーション支援および設備の導入計画立案などの運営支援を実施している。

 このような粒子線治療システムおよび放射線部門向けの運用支援サービスの実績が評価され、このたび陽子線治療システムの保守・運転支援、X線治療システム運用支援および施設運営支援を包括
的に提供する。サービスの詳細は以下のとおりだ。

■サービスの詳細
1. 陽子線治療システムの保守・運転支援
永守記念最先端がん治療研究センターおよび日立社内に保守体制を構築し、迅速な装置保守を
実現する。陽子線治療システムの日々の運転支援や計画的な装置点検、リモートメンテナンスも実
施する。
2. X 線治療システム運用支援
X 線治療システムを日立のアセットとして提供し、機器の維持・管理を行う。機器導入にかかる
永守記念最先端がん治療研究センターの負担軽減や導入後の安定的稼働に貢献する。
3. 施設運営支援
永守記念最先端がん治療研究センターが主催する府民や医療関係者向けの陽子線治療およびX
線治療に関する各種セミナー・講演会などを企画立案、放射線治療装置の技術的説明を行う。
これにより、円滑な施設の運営と地域医療連携の構築に貢献する。
■商標に関する表示
TomoTherapy およびRadixact はAccuray Incorporated の米国およびその他の国における登録
商標または商標である。

<お問い合わせ先>
株式会社日立製作所 ヘルスケアビジネスユニット 放射線治療システム事業部
ブランド・コミュニケーションセンタ
URLhttps://www.hitachi.co.jp/

会員ログイン
Satellite View Key Journal HP1 ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ▼▽「RadFan」2011年4月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ehon3
このページの先頭へ戻る