教育機関や研究機関などを対象に医療用画像管理システム 『SonicDICOM PACS』アカデミックライセンス無償提供開始

2019.02.21

~画像表示機能を強化、操作性・パフォーマンスも向上~
 株式会社ジウン(所在地:福岡県福岡市、代表取締役:神田 文隆)は、2018年8月23日(木)、日本国内向けに医療用画像管理システム『SonicDICOM PACS』の最新バージョン3.1.0の提供を開始しました。

■SonicDICOM PACSの概要

 SonicDICOM PACSは、検査装置で発生した画像を受信・管理する「DICOM(*1)サーバー」と、それらの画像を参照するWebベースの「DICOMビューア」の2つの機能を合わせ持ったソフトウェア(PACS *2)です。誰でも簡単に操作できるシンプルなUIと高速な動作が特長です。2013年のリリース以来、世界200か国以上で利用している。

 今回のバージョンアップでは、これまでユーザーから寄せられたフィードバックを元に画像表示機能の強化や操作性の向上、カスタマイズ機能の強化を実施した。

■バージョン3.1.0の主な新機能と改良点

・画像表示機能の強化

 画像表示レイアウトにタイル表示を追加しました。表示する画像に合わせて最適なレイアウトを選択することができる。

・操作性の向上

 キーボードショートカット機能を追加しました。キーボードを使用して、効率良くビューアを操作できる。

・アカウント毎のカスタマイズ機能の強化

 アカウント毎に表示言語(10カ国語)やビューア画面でサムネイルをダブルクリックした際の動作を選択できます。

・画像表示速度の向上

 画像読み込みの処理を最適化し、従来のバージョンよりもパフォーマンスを向上させました。また画像読み込みの進捗率が表示されるようにし、視覚的に分かりやすくなった。

■試用版

 下記のサイトから試用版をダウンロードすることができます。

https://ja.sonicdicom.com/

※試用版には、機能の制限はありませんが、保存できる検査数(30件まで)とDICOM・Web接続数(5まで)の制限があります。

■今後の展開

・クラウドサービスの提供

・マルチモニタ表示のサポート

・レポート機能の強化

 お問い合わせ先

URL  : https://www.jiun.co.jp/ [コーポレートサイト]

     https://ja.sonicdicom.com/ [製品ウェブサイト]

会員ログイン
Satellite View Key Journal HP1 ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ▼▽「RadFan」2011年4月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ehon3
このページの先頭へ戻る