フィリップスとiCAREが協業合意~睡眠時無呼吸症候群における病院受診率を向上する取り組みを開始~ | 放射線科情報ポータル Rad Fan Online(ラドファン オンライン) 医学出版社メディカルアイ

フィリップスとiCAREが協業合意~睡眠時無呼吸症候群における病院受診率を向上する取り組みを開始~

2019.02.18

2019年2月18日
 フィリップス・レスピロニクス合同会社(所在地:東京都港区、職務執行者社長:堤 浩幸)と株式会社iCARE(所在地:東京都渋谷区、代表取締役 CEO:山田 洋太)は、睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndrome:SAS)の分野において、病院受診率を向上する取り組みを共同で行うことに合意した。この合意に基づき、両社でソリューション開発及び、共同実証実験を順次開始していく。

【企業と従業員における睡眠時無呼吸症候群が引き起こす重大リスク】
 睡眠時無呼吸症候群(SAS)などの睡眠障害による経済損失は年間3.4兆円にものぼると言われている。これは、日中の眠気や集中力の低下などから作業効率が下がること、睡眠に問題を抱えている人は欠勤・遅刻・早退が増えがちであること、眠気から交通事故のリスクが高まることなどから推計されている。

 実際、SAS患者の交通事故発生率は一般ドライバーと比べて2.4倍にのぼるとされ、交通事故や労働災害のリスクを考えると、SASへの企業の取り組みは重要なリスクマネジメントの一つであり、組織全体の生産性の向上につながると考えられている。

 国土交通省ではSAS対策の必要性と活用について自動車運送業者におけるSAS対策マニュアルを策定しており、交通業界ではSASのスクリーニング検査を導入する企業も増えている。しかしながら、SASの簡易検査から病院受診までの一連のフローができておらず、受診率は低いことが課題となっている。

【フィリップスとiCAREが行う取り組み】
 フィリップス・レスピロニクス合同会社と株式会社iCAREは従業員の睡眠課題における解決の実現のため、株式会社iCAREの既存契約企業に対して睡眠に関するアンケートの配信を行い、SASの疑いがある参加者に対して簡易検査を行う取り組みを開始した。
簡易検査後SASの疑いがある場合には、株式会社iCAREのメディカルスタッフが参加者に対してチャットでフォローをし、専門医療機関の紹介を行う。
 また、SAS以外の原因の方についても睡眠の質を高めるための睡眠スキルのアドバイスを行っていくという。こうした取り組みにより、SASの疑いがある人の病院受診の推奨を促し、従業員の睡眠課題の改善にコミットしたサービス提供を目指していく。

●お問い合わせ先

フィリップス・レスピロニクス合同会社公式WEBサイト
https://www.philips.co.jp/healthcare/about/sleep-and-respiratory-care

株式会社iCARE公式WEBサイト
https://www.icare.jpn.com/

フィリップス 広報事務局
担当:田崎/飯嶋

TEL:03‐4531‐1745
FAX:03‐4531‐1747
E-mail:philips@k-jpr.com

会員ログイン
Satellite View Key Journal HP1 ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ▼▽「RadFan」2011年4月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ehon2
このページの先頭へ戻る