フィリップス・ジャパン、超音波診断装置EPIQ / Affiniti の超音波エラストグラフィーによる肝硬度測定に ついて薬機法の認証を取得

2018.09.25

 (株)フィリップス・ジャパン(以下、フィリップス)が販売する超音波診断装置EPIQ / Affiniti シリーズのストレインエラストグラフィとシアウェーブエラストグラフィについて、使用目的として肝臓の硬さについて非侵襲的に計測するものとして8月29日に薬事認証を取得した。
 これにより、10月1日より、肝臓用エラストグラフィ機能「ElastQ / ElastPQ」を使用して肝臓の硬さを測定した場合に診療報酬区分番号D215-3「超音波エラストグラフィー」*1 200点の算定が可能となる予定だ。
 併せて既販売装置についても、10月1日より診療報酬の算定が可能予定となっている。

ElastQについて
 ElastQは、超音波診断装置EPIQに搭載可能なShearWaveElastographyを用いた肝硬度測定アプリケーションである。リアルタイムでカラーコード化された大きな関心領域内に複数のサンプルポイントを置くことができ、スクロールバックした画像や保存されたデータでの計測も可能だ。また、“Confidencemap”が計測データの安定性、再現性を高める。
 特長1:シンプルでスピーディなデータ収集
 一回の息止めで撮影した画像から多くのサンプルが取得できるため、患者の負担を軽減し検査時間を短縮する。
フィリップスelastQ

 特長2:データの安定性
 組織の硬度をカラーマップ化した“StiffnessMap”とデータの安定性を示す“ConfidenceMap”の2種類のマップを簡単に切り替えて表示することができる。
フィリップスelastQ2

 特長3:高いペネトレーション
 超音波診断装置EPIQは、最新の画像構築技術“nSIGHT”と“PureWaveテクノロジー”(単結晶トランスジューサ)により、深部でもノイズの少ない高精細かつコントラスト分解能の高い画像を描出することが可能だ。*2

*1:注区分番号D215-2に掲げる肝硬度測定を算定する患者については、当該検査の費用は別に算定しない。
*2:当社比

●お問い合わせ
(株)フィリップス・ジャパン
ブランドコミュニケーション部
URL:https://www.philips.co.jp/

会員ログイン
Satellite View Key Journal HP1 ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ▼▽「RadFan」2011年4月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ehon1
このページの先頭へ戻る