ボストン・サイエンティフィック、医療技術、医療知識向上貢献のパイオニア施設「インスティテュート・フォー・アドバンシング・サイエンス東京(IAS東京)」10年目の節目の年に東京・品川に移転、リニューアルオープン

2018.03.14

 ボストン・サイエンティフィックジャパン(株)は、医療技術研修施設であるインスティテュート・フォー・アドバンシング・サイエンス東京(IAS東京)が、東京・品川(東京都品川区東品川4-12-6日立ソリューションズタワーB15階)にリニューアルオープンし、2月17日から医師のトレーニングを開始したことを発表した。IAS東京は、2008年に開設され、今年で10年目を迎える。節目の年を迎え、よりアクセスの良い品川に立地を移し再スタートした。

 ボストン・サイエンティフィックでは質の高い低侵襲治療の実現に向けて、製品の提供のみならず、そのテクノロジーを最大限に生かすための医療情報やトレーニング環境の提供に力を注いでいる。

 IAS東京は医療従事者向けトレーニング施設であり、ボストン・サイエンティフィックが世界9か所に開設しているIASの一つだ※1。IAS東京は、最大24名収容のセミナールームにくわえ、幅広い診療科に対応可能なトレーニング器材が利用できる。手技に伴う合併症等に関する十分な情報をより効率的に学ぶため、フル・ハイビジョン化、基幹システムのデジタル化など最新のIT技術を導入しており、最新治療法の体験的トレーニングを通じて、同社製品の「使いやすさ」を実感できる環境を提供する。また日本で唯一、冠動脈の狭窄病変を削るロータブレーターのトレーニングにも対応している。そして日本で展開しているもうひとつのIAS施設であるIAS宮崎で実施中のイベントの模様をリアルタイムで視聴することも可能である。このほか、医療技術のトレーニングだけでなく、ボストン・サイエンティフィックのグローバル全体で患者ケアをサポートする包括的な教育とトレーニングプログラムとしている「EDUCARE」の提供も行なっている※2

最大24名収容のセミナールーム
最新治療法が体験できるハンズオントレーニングルーム

 IASディレクターの三村和正氏は「IAS東京は今年で10年目を迎えますが、これまでに医療従事者の来館者は8500人を越えています。より多くの先生方にご利用いただきたいとの思いから、アクセスの良い品川への移転を決めました。今後はトレーニングの内容でもAR(Augmented Reality:拡張現実)を活用したプログラムなども検討中です。我々としてはそのような新しいソリューションをさらに導入しながら、これからも医療技術、医療知識の向上に対して貢献してまいります。」とコメントした。

 リニューアル後の記念すべき最初の来館者となった東京腎泌尿器センター大和病院泌尿器科医長の大岩祐一郎先生からは、「東京の玄関口である品川に出来たこの素晴らしい施設は、今後全国から集まるたくさんの医療関係者を満足させ、医療界の発展のために貢献しうる。」と、盛岡市立病院泌尿器科長の工藤大輔先生からは、「座学ルームからハンズオントレーニングルームへの相互のアクセスが良好であり、効率が極めて良好な学習施設として機能している。」との、コメントをされた。

※1 海外のIAS所在地は、米国メープル・グローブ(ミネソタ州)、アーデン・ヒルズ(ミネソタ州)、南アフリカ・ヨハネスブルグ、トルコ・イスタンブール、中国・上海、フランス・パリ、インド・グルグラムの7か所。これに東京、宮崎を加え、IAS施設数は9か所となる。

※2 EDUCAREは、医療者を対象とした患者ケアをサポートする教育とキャリア向上のためのトレーニングプログラム。医療者の技術的な知識やスキルアップのみならず、さらにリーダーシップを発揮するためのプログラムの提供も通じて、臨床的成果の向上を促していく。

●世界で展開しているIASについて(英語)
https://www.virtualtraininginstitute.com/institute-for-advancing-science/ias-facility/1592
●IAS東京
http://www.bostonscientific.com/ias/jp-JP/facilities/facilities-tokyo.html

●お問い合わせ先
ボストン・サイエンティフィック ジャパン株式会社
コーポレートコミュニケーションズ&ブランディング部
TEL:03-6853-6940
URL:http://www.bostonscientific.com/jp-JP/home.html

会員ログイン
Satellite View Key Journal HP1 ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ▼▽「RadFan」2011年4月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ehon2
このページの先頭へ戻る