キヤノンマーケティングジャパン株式会社、2018年年頭方針要旨を発表

2018.01.05
キヤノンMJ 代表取締役社長 坂田氏
 2017年の国内の経済を振り返ると、個人消費および設備投資ともに緩やかな回復基調が続くなかで、企業の働き方の見直しや新技術を活用した新たな働き方が広まった年でもあった。
 このような中、同社はイメージング分野におけるキヤノンの開発力と幅広い製品群、近年特に強化してきたIT の技術力など、さまざまな強みを生かして事業領域の拡大に積極的に取り組んだ。災害対策用ドローンなど新しい商品事業や、出張撮影サービスなどの新たなサービスビジネスを展開してきたほか、商業印刷の体験施設開設や新たなカテゴリー商品の展開、ネットワークカメラのラインアップ強化や協業による新たなソリューションの創出など、成長事業の拡大に弾みをつけることができた。

 2018年2月1日をもって、キヤノンマーケティングジャパンは創立50周年を迎える。キヤノンの国内営業部門を独立させ国内販売会社として発足してから50年間、時代や社会の要請にあわせてさまざまな事業に取り組み、事業の変化にともない数々の仲間をグループに迎えてきた。この多様な文化や経験の融合が同社の強みであり、グループの成長を支えてきた。
 市場の変化が激しくなる中、今後も持続的な成長を確固たるものとするために、市場環境に適応した大きなグループ変革を推し進める。グループ全体でお客さまとともに成果を生み出していくプロセスの確立、IT を活用したソリューション開発・提案力の強化、グループのリソースを最大限に活用する体制の整備に取り組んでいく。
 これらの変革を推し進めることで、マーケットやお客さまのニーズに基づいたソリューションを提供し、お客さまとの信頼関係をよりいっそう深めていく。
 そして、キヤノンMJグループのビジョンである“お客さまを深く理解し、お客さまとともに発展する企業グループ”を目指す。

●お問い合わせ
キヤノンマーケティングジャパン(株)
URL:http://cweb.canon.jp/corporate/
会員ログイン
Satellite View Key Journal HP1 ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ▼▽「RadFan」2011年4月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ehon1
このページの先頭へ戻る