GEヘルスケア、NVIDIAとの協力により、ヘルスケア分野における人工知能の導入を加速

2017.12.01

GEとNVIDIAの協力により、ヘルスケア分野における人工知能の導入を加速 

 ●患者ケアの向上を目指して、新世代のインテリジェント医療機器に世界最先端のAIプラットフォームを採用
 ●GEヘルスケアが医療機器メーカーとして初めてNVIDIA GPU Cloud(NGC)を使用
 ●NVIDIAを活用した新製品Revolution Frontier CTは、画像処理速度が2倍に向上、パフォーマンスの加速化が始まった
 ことを実証

 シカゴ – 2017年11月26日 – GEヘルスケアとNVIDIAは本日、全世界で50万台にのぼるGEヘルスケアの画像診断装置に最も高度な人工知能(AI)を導入し、ヘルスケアデータの処理速度を加速させることを目的として、10年間のパートナーシップを締結することを発表した。

 パートナーシップの範囲は、本日、北米放射線学会(RSNA)の第103回年次総会において詳しく説明された。その内容には、NVIDIAを活用した新しいRevolution Frontier CTの発表、超音波診断装置Vivid E95 4Dの改良、GEヘルスケアのApplied Intelligence分析プラットフォームの開発等が含まれる。

 Revolution Familyの新しいCTシステムは、NVIDIAのAIコンピューティングプラットフォームを利用することにより、従来機と比べて画像処理速度が2倍に向上している。Revolution Frontierは、米国食品医薬品局(FDA)の許可を得ており、肝障害の発見や腎病変の評価において処理が高速に行われることで、より優れた臨床転帰をもたらすことが期待される。つまり、不要な経過観察の必要性を低減し、腎機能障害のある患者に恩恵をもたらし、Gemstone Spectral Imagingによる金属アーチファクト低減(GSI MAR)を利用することで、解析不能なスキャンが削減できる可能性がある。

 NVIDIAの創設者兼CEOであるジェンスン・フアンは次のように述べている。
「GEヘルスケアとのパートナーシップにより、医療機器分野の優れた専門知識とAIを融合させて、患者ケアを大幅に向上できる次世代のインテリジェント機器を創出します。」

 NVIDIAは、自動運転車、ロボット工学、ビデオ画像解析等、ますます多岐にわたる分野においてAIの普及を推進しており、GEヘルスケアと協力し、ヘルスケア分野においてその適用を拡大させている。GPU加速型のディープラーニングソリューションを利用することで、リアルタイムの病状評価からポイント・オブ・ケアの介入、臨床意思決定のための予測的分析に至るまで、ヘルスケアや医療の様々なアプリケーション向けに、より高度なニューラルネットワークを設計することができる。患者に対しては、本パートナーシップを通じて放射線量の低減、検査時間の短縮、より高品質な画像診断の実現を目指している。

 GEヘルスケアとNVIDIAは本日、RSNAで以下の内容の発表も行った。
 ●NVIDIAプラットフォームを使用した4D超音波による可視化:RSNAで展示されている超音波診断装置Vivid E95 4Dは、NVIDIA GPUの活用により迅速かつ高精度の可視化と定量化を実現し、cSoundTM画像処理プラットフォーム全体のワークフローを合理化する。NVIDIA GPUによって、血流の再構成と可視化が加速され、超音波検査室や画像下治療での導入に向けて、より優れた2Dや4Dのイメージングが可能になる。

 ●NVIDIAのテクノロジーを活用した、GEヘルスケアの新しいApplied Intelligence:新しい分析プラットフォームのモジュールは、NVIDIA GPU、NVIDIA CUDA並列コンピューティングプラットフォーム、NVIDIA GPU Cloudコンテナレジストリを使用して、新たなヘルスケア分析アプリケーションにおけるディープラーニングアルゴリズムの作成、導入、利用を加速する。このアプリケーションは臨床・業務ワークフローおよび機器とシームレスに統合される。

 GEヘルスケアの社長兼最高経営責任者(CEO)キーラン・マーフィーは、 次のように述べている。
「ヘルスケアは驚くべき速さで変化しており、ヘルスケア業界を変革させる技術もその速度を反映しなければなりません。NVIDIAと提携することにより、GEヘルスケアは、未来の医療機器、つまり、医療提供者が世界中の患者のために診断の速度と精度を向上させることのできるインテリジェントマシンを提供できるようになります。」

 病院においては、医療画像、カルテやセンサー、業務・財務に関する情報源を通じて、年間平均50ペタバイトのデータが生成されている。しかし、すぐに使用可能なデータやタグ付けまたは分析が行われているデータは、その3%未満にすぎない。GEヘルスケアとNVIDIAは、より多くのデータを活用するために、ヘルスケア分野でAIを実現するための要素、つまり構築された強力なアプリケーションやライトハウスカスタマー、最高クラスの医療機器、GPUによる高速処理、これらすべてを結びつける。

お問い合わせ
GEヘルスケア
Saige Smith
URL:http://www3.gehealthcare.co.jp/

NVIDIA
Kasia Johnston
URL:http://www.ndivia.co.jp

会員ログイン
Satellite View Key Journal HP1 ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ▼▽「RadFan」2011年4月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ehon3
このページの先頭へ戻る