日立とサムスン、超音波診断装置の日本における販売で合意

2017.10.04


高画質で使いやすさに配慮したコンパクトモデル「HS40」を販売

超音波診断装置 「HS40」

 (株)日立製作所は、このたびSamsung Medison Co., Ltd.(以下、サムスン)とサムスンのコンパクトモデル超音波診断装置「HS40」(エイチエス40)の日本国内における販売に関して合意した。本合意により、日立は10月5日から幅広い医療施設に向けて「HS40」の国内販売を開始する。
 日立は、ヘルスケア分野を社会イノベーション事業における注力4事業分野の一つと位置づけ、画像診断装置、粒子線がん治療システムなどの診断・臨床分野からITを活用したサービス、地域包括 ケアなどのインフォマティクス分野まで、医療の質向上と効率化を実現するソリューションを提供している。特に診断分野において、超音波診断装置のグローバルナンバーワンをめざし、精密検査を行うハイエンドモデルから、日常診断で使うコンパクトモデルまで展開している。
 超音波診断装置は、妊娠中の経過観察や乳がん検査をはじめとして、循環器や腹部などさまざまな部位の診断に用いられている。特に予防・検査の重要性が高まる中、患者がより正確な診断を受けられるようにするために、コンパクトかつ高機能な超音波診断装置が求められている。
 「HS40」は導入しやすい普及タイプでありながら、このクラスでは最大級の21.5インチモニターを 搭載しています。また優れた画像描出力を有し、鮮明な画像で検査部位を詳細に観察することができる。さらに2軸式の可動式モニタアームが搭載されていることで、検査者の姿勢に合わせてモニターの位置が調整しやすく、検査者の負担を軽減することができる。静音性にも配慮しており、快適な検査環境を提供する。また製品のサポートも一貫して日立が行う。
 日立は、サムスンの「HS40」をラインアップに加えることで超音波診断装置の販売を強化し、さまざまな医療施設のニーズに応え、医療の質向上に貢献していく。

●お問い合わせ
株式会社日立製作所
URL:http://www.hitachi.co.jp/

会員ログイン
Satellite View Key Journal HP1 ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ▼▽「RadFan」2011年4月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ehon3
このページの先頭へ戻る