日立、「2017国際医用画像総合展(ITEM2017)」に出展

2017.04.06
ブース外観イメージ

 (株)日立製作所(以下、日立)は、4月14日(金)から4月16日(日)までパシフィコ横浜にて開催される「2017国際医用画像総合展(ITEM2017)」に出展する。日立は、「Radiology Solutions through Digital Healthcare」をテーマに超音波診断装置やMRIシステム、CT システムなど最新の画像診断機器や北米・日本などで納入実績のある粒子線がん治療システムなどの放射線治療システム、さらに診断をサポートする診断画像の定量化技術やITを活用した故障予兆診断サービス、地域包括ケア支援システムなど、幅広いヘルスケアシステムやソリューションを700m2のブーススペースにて紹介する。

 「国際医用画像総合展(ITEM)」は、1988年以来、日本ラジオロジー協会(JRC)のもとで共同開催される日本医学放射線学会総会、日本放射線技術学会総会学術大会、日本医学物理学会学術大会の3学会に併設される日本最大規模の医療用画像診断機器の展示会であり、毎年約150社以上が出展し、最新の画像診断機器や関連ソリューションを一堂に公開している。

 日立は、今回の出展を通じて、企業ブランドの認知・浸透を図り、医療業界におけるプレゼンスの向上をめざす。
 主な展示内容は以下のとおりだ。

■展示内容
1.特設シアター
 がんや認知症などの疾患の早期診断や、個人へ最適な治療を行う個別化医療へ貢献できると期待されるMRIシステムや超音波診断装置による最新の定量化技術を顧客との協創事例を含めて映像で紹介する。

2.画像診断ソリューション
 超音波診断装置、CTシステム、MRIシステムなど、最新の画像診断機器を紹介する。

3.デジタルヘルスケア
 MRIシステムなどの画像診断機器の状態を常時、監視・分析し、未然に故障を防ぐサービスや、自治体の持つ医療・介護情報を集約、分析、共有し健康な町づくりを支援するシステムなど、ITを活用したソリューションを紹介する。

4.放射線治療ソリューション
 X線治療システム、粒子線治療システムから治療計画システムまで、がん治療の一つである放射線治療に関わるシステムやソリューションを紹介する。

5.低侵襲治療ソリューション
 MRIシステムと冷凍治療、X線透視診断システムと内視鏡治療など、システムの組み合わせにより身体の負担が少ない低侵襲治療をサポートするソリューションを紹介する。さらに、日立が参画しているスマート治療室「SCOT(Smart Cyber Operating Theater)」で行っている術中MRIを紹介する。



●お問い合わせ
(株)日立製作所ヘルスケアビジネスユニット ブランド・コミュニケーションセンタ[担当:丸山]
TEL:03-6284-3719(直通)
URL:http://www.hitachi.co.jp/

会員ログイン
Satellite View Key Journal HP1 ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ▼▽「RadFan」2011年4月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ehon1
このページの先頭へ戻る