キヤノン、半切サイズとして業界最軽量のワイヤレスX線デジタル撮影装置“デジタルラジオグラフィCXDI-710C Wireless”など2機種を発売

2017.03.07

 キヤノンは、DR(Digital Radiography)方式※1のワイヤレスX線デジタル撮影装置の新製品として、“デジタルラジオグラフィCXDI-710C Wireless”と“デジタルラジオグラフィCXDI-810C Wireless”の2機種を7月1日より発売する。

CXDI-710C Wireless
CXDI-810C Wireless

 “CXDI-710C Wireless”と“CXDI-810C Wireless”は、従来機種「CXDI-701C Wireless」と「CXDI-801C Wireless」(いずれも2013年5月発売)の基本性能を継承しつつ、軽量化と使いやすさの向上を実現したワイヤレス方式の医療用X線デジタル撮影装置である。

■半切サイズとして業界最軽量※2の本体質量約2.3kgを実現(CXDI-710C Wireless)
 新たにカーボン素材を採用することで、“CXDI-710C Wireless”の本体質量は半切タイプとして業界最軽量の約2.3kgを実現している。また、裏面の四辺にホールド部を設け、角や側面に丸みを持たせることで、把持性(持ちやすさ)の向上と患者の負担軽減を両立している。

■基本性能はそのままに、耐水性や使いやすさが向上

 液体が撮影部内に侵入しにくい構造を採用し、保護等級IPX7※3に準拠した。また、撮影部の表面に白色を採用し、X線の照射範囲が撮影場所の明るさに左右されずに確認できる。
 さらに、撮影部とX線発生装置のみで撮影できるモードや撮影部の内蔵メモリーに画像を保存する機能の搭載により、電波状況が不安定な環境や緊急時でも撮影が可能だ。
 なお、4月14日から16日まで、パシフィコ横浜で開催される「2017国際医用画像総合展」のキヤノンブースにて、本製品を展示する予定である。

※1 X線を蛍光体部分で可視光に変え、その光を大型平面センサーでデジタル画像化する方式。
※2 半切サイズのDR方式ワイヤレスX線デジタル撮影装置において(バッテリーパックを含む)。2017年3月6日時点(キヤノン調べ)。
※3 「IEC(国際電気標準会議)」によって定められている保護等級である。IPX7は防水等級7級を指し、一時的(30分間)に一定水深(1m)に浸しても内部に浸水しないことを示している。
*国内市場では、キヤノンマーケティングジャパングループの医療事業の中核企業であるキヤノンライフケアソリューションズ(株)が、主体となって販売する。

●CXDI-710C Wireless/CXDI-810C Wirelessの主な特長

1.半切サイズとして業界最軽量の本体質量約2.3kgを実現(CXDI-710C Wireless)
・新たに外装部にカーボン素材を採用することで、“CXDI-710C Wireless”の本体質量は半切サイズとして業界最軽量の約2.3kgを実現。
・把持性(持ちやすさ)を追求した外装デザインを採用。撮影部の裏面の四辺にホールド部を設けて指を掛けられるようにし、片手でも持ち運びや撮影時の位置決めが容易に可能。
・撮影部の角や側面に丸みを持たせることで、平置き時も持ち上げやすい仕様。患者とベッドの間に挿入しやすい形状で、撮影時の患者負担も軽減。
半切サイズのDR 方式ワイヤレスX 線デジタル撮影装置において(バッテリーパックを含む)。2017年3月6日時点(キヤノン調べ)。

2.さまざまな使用環境に対応した耐水性やデザインを兼備
・従来機種以上の堅牢性に加え、液体が撮影部内に侵入しにくい構造を採用し、IPX7 の保護等級に準拠。撮影部の清掃や、手術現場などで液体がかかる状況にも対応。
・光沢を抑えた高級感のある新デザインを採用。撮影部の表面は白色で、明るい環境から暗い環境まで、さまざまな条件下の撮影で照射野※1 の確認が容易に可能。
・従来機種の無線バンド(2.4GHz、5GHz(W52、W58))に加え、5GHz(W53、W56)にも
対応※2。他の無線機器と干渉する使用環境でも無線帯域の選択が可能。
※1 X線の照射範囲。本装置ではX線発生装置の照射光によりX線の照射野を確認する。
※2 W53、W56は子機モードのみ。

3.機能や使いやすさを向上させるなど、撮影現場での作業効率を追求
・従来機種の標準同期モード、X線自動検出モードに加え、新たに搭載した「スタンドアローンモード」により、コントロールPC(イメージキャプチャコンピューター)を使わずに撮影部とX線発生装置のみで撮影が可能。また、撮影部の内蔵メモリーに最大99枚まで撮影画像の保存が可能。電波状況が不安定な環境や緊急時の撮影にも対応。
・撮影間隔は、標準同期モード/X 線自動検出モード共に7 秒台を実現。即時撮影が必要な環境において、撮影作業の効率化に寄与。
・複数台の撮影部を使用する環境において、従来機種のPC による切り替えに加え、撮影部側面のスイッチでも切り替えができる「センサーレディ機能」を搭載。撮影部選択のたびに移動する必要がなくなり、撮影時間の短縮を実現。
・撮影部側面に搭載したLEDランプにより、バッテリー残量を容易に確認可能
・衝撃検知センサーを搭載し、一定以上の落下や衝撃を受けた際の日時、強度の情報を
メモリーに保存し、確認することが可能。
バッテリー残量の表示は4段階。

4.使い勝手が良く設置しやすいオプション製品
・バッテリーチャージャーやワイヤリングケーブルによる充電方法に加え、新たに「ドッキングステーション」(別売り)による充電が可能。「ドッキングステーション」の使用により、バッテリーパックを撮影部から取り外すことなく充電できるほか、撮影部の保管にも使用可能。また、背面部にはLAN ケーブルが装着できる機構を装備し、データ転送も可能。
・「マルチボックス」(別売り)により、X線発生装置との信号制御に加え、撮影部への電源供給、コントロールPC との接続インターフェイスとしての機能を1 つのユニットで実現。
・「ステータスインジケータ」(別売り)により、撮影部がスタンドやテーブルに収納されている環境でも、撮影部の選択や状況確認が可能。

<医療用X線撮影装置の市場動向>

 画像処理や通信などのデジタル技術が急激な進歩を遂げる中、正確で迅速な対応が求められる医療機関においては、患者の医療データを効率的に一元管理することができる電子カルテや、ネットワークを介した遠隔診断システムの導入など、さまざまな分野においてデジタル化が進んでいる。
 X線撮影装置においてもその傾向は顕著で、アナログ方式が年々縮小する一方で、デジタル方式が伸長しています。デジタル方式の中ではCR 方式が大きな割合を占めていましたが、近年、DR 方式の割合が急速に増えています。従来のフィルム方式やCR 方式と比較し、DR 方式は撮影画像の表示スピードが圧倒的に速いため、今後はデジタル化、その中でもDR 化がさらに進むと予測している(キヤノン調べ)。
* CR方式はX線画像の蓄積記録が可能な蛍光体プレートに読み込んでから、スキャナーで蛍光体プレート上の画像を読み出すシステムである。

●お問い合わせ
キヤノンマーケティングジャパン(株)医療機器販売企画課
TEL:03-3740-3434(直通)
URL:http://canon.jp/

会員ログイン
Satellite View Key Journal HP1 ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ▼▽「RadFan」2011年4月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ehon1
このページの先頭へ戻る