大林製作所、超軽量可搬型X線撮影システム「X-buggy(エックスバギー)」を新発売 | 放射線科情報ポータル Rad Fan Online(ラドファン オンライン) 医学出版社メディカルアイ

大林製作所、超軽量可搬型X線撮影システム「X-buggy(エックスバギー)」を新発売

2016.11.08

(株)大林製作所は、超軽量可搬型X線撮影システム「X-buggy(エックスバギー)」を11月8日より発売する。
  病棟、救急、集中治療室など従来より病院内で使用されている移動型X線撮影装置のニーズに加え、災害現場、救護施設、在宅診療など、野外にも「持ち運び、撮影ができる」画期的な製品である。災害などの緊急事態にも素早く簡単に、適切なX線撮影環境を構築できる。
x-buggy

手術室・集中治療室などに
病棟・介護施設などに

大人2名で持ち上げての運搬が可能。
小型自動車に車載可能。

主な特長
1.梱包しなくても持ち運び可能な「シェル型」
・作業状態から移動状態まで、簡単に素早く変形できる。
・バッテリー込みでも約100Kgの超軽量仕様 + 持ちやすい取手。
・大人2名で、階段でも運搬ができる。
・小型乗用車に車載可能。※
・コンパクトに収納できる。例えば、壁際のデッドスペースなどを活用できる。

2.「日常使用」でも「緊急時使用」でも最高水準の操作性
・病棟でも、手術室でも、介護施設でも、ちょうどいいサイズ感。
・キャスター高さわずか13.2cm。狭いベッドサイドでも余裕の取り回しが可能。
・最高位1,678mm。一般的なベッドはもちろん、緊急時に代用される会議室の机などでもS.I.Dが確保できる。
・直線移動のアームでポジショニングが楽にできる。
  一般的なパンタグラフタイプのアームと違い、 上下動の際に狙った部位から外れない。
 また、撮影部位を変更しても 設定した距離は変わらない。
・大径のゴムタイヤは段差や不整地でも移動ができ、パンクもしない。
 また、屋内使用で床を傷つける心配がない。
・8通りのプリセットが可能なAPRを搭載。
・デジタルディスプレイ+ダイヤルコマンドは、直感的で素早い操作ができる。
・大きさ、重さ、使用頻度を熟慮した上で5.6Kwのハイパワーを確保。
・高精度のインバータ専用回路を搭載。
・お持ちのDRで撮影が可能。※

3.個々のニーズを大切に想う豊富なオプション
・AC(コンセント)でも DC(バッテリー)でも使用できるデュアルパワー。
 (バッテリーの残量に関わらず、AC(コンセント)でも撮影可能。)
・伸縮アーム
・面積線量計
・FPD、CRキャリーバッグ
・車載用補助キャスター
・タイヤカバー

4.カラーバリエーション
・ローズレッド
・トラディショナルネイビー
・スプリンググリーン
・パステルイエロー
・メイサイ

※ 各種条件がございます。詳細につきましては、ご購入前にお問い合わせください。

製品リンク:http://www.obayashi-mfg.co.jp/X_buggy/X_buggy.html

●お問い合わせ
(株)大林製作所
工場:埼玉県川口市弥平2-15-15
TEL: 048-222-3800
URL:http://www.obayashi-mfg.co.jp/index.html

会員ログイン
Satellite View Key Journal HP1 ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ▼▽「RadFan」2011年4月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ehon3
このページの先頭へ戻る