富士フイルムメディカル、子会社の富士フイルムソノサイト・ジャパンを統合
国内市場向けの超音波画像診断装置販売体制を強化

2016.05.20

 富士フイルムメディカル(株)は、平成28年7月1日付で、完全子会社の(株)富士フイルムソノサイト・ジャパン(以下FFSSJ)を吸収合併により統合する。
 平成24年に、富士フイルム(株)は米国SonoSite Inc.(現FUJIFILM SonoSite Inc.)を買収し、超音波画像診断分野での市場拡大を目指してきた。 平成26年には、両社の技術を結集して共同開発した携帯型超音波画像診断装置「FUJIFILM FC1(フジフイルム エフシーワン)」を発売し、鮮明、高解像度の画質と堅牢性に好評をうけている。 さらに、今年4月には、軽量・コンパクトで携帯性に優れ、かつ、診断しやすい7インチ画面を装備したタブレット型超音波画像診断装置「SonoSite iViz(ソノサイト アイビズ)」を発表し、本日発売開始した。
 昨年7月に国内ではFFSSJを当社の100%子会社とし、超音波画像診断装置の販売体制を一本化して販売効率アップを図ってきた。 当社は、今回の統合により、さらなる商流の効率化を進め、超音波画像診断装置の売上拡大を目指す。

●お問い合わせ
富士フイルムメディカル(株)販売統括本部 マーケティング部
TEL:03-6419-8033
URL:http://www.fujifilm.jp/

会員ログイン
Satellite View Key Journal HP1 ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ▼▽「RadFan」2011年4月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ehon1
このページの先頭へ戻る